考えなしの行動? - ジェーン・フルトン・スーリ + IDEO -

【 習慣? 本能? 意識と無意識の境界はアイデアの宝庫。 】

たとえば、バランスをとるためになにかを掴む、といった行動は、普遍的だし、また本能的なものである。
また、熱いマグカップで手を暖めたり、ベルベットを撫でたりするのは、経験的な行動ではあるものの、あまりにも深く身に染みついているため、ほとんど意識せずについやってしまう。
このほか、ティーバッグのヒモをカップの把手に巻きつけたり、ジャケットを掛けるために椅子を探す、といった行為は、習慣や社会的学習を通して自然に出てくるようになる。
本書に掲載された写真は、人々が自分の周囲の世界に反応する、この種のやりとりを垣間見たものである。あなたは何を見るか。

[出版社の紹介文より]
森博嗣が翻訳!「本書は、『発想力』を育むためのドリルである」
習慣? 本能? 意識と無意識の境界は、発見の宝庫。124例の日常から、チャンスとアイデアを見つける方法

JP025

題名:考えなしの行動?
著者:ジェーン フルトン スーリ + IDEO
訳:森 博嗣
出版:太田出版
ジャンル:ビジネス教養
言語:日本語
サイズ:B6
・縦 17.2cm×横 11cm×厚さ 1.6cm
・192ページ
ISBN: 978-4-7783-1179-7
   : 9784778311797
発売:2009年

(予めご了承ください)
●ご購入時の注意点:
* 当該本以外のアイテムは付属しません。
* ご覧のモニターによって色目が実物と若干異なる場合があります。

※「商品購入サイトへ」をクリックすると弊社の「BASE販売サイト(別サイト)」の商品ページへ移動します。
(BASEショッピングサイト「misakibooks&art」からのご購入になります。)
また、リンク先の商品が【Used(中古)商品】の場合がございます。リンク先商品の「商品説明」をよくご確認いただきご購入ください。

商品購入サイトへ

関連アイテム

絵本・書籍 一覧に戻る

PAGE
TOP